2013年08月09日

カムイコタン

cap463.png

今回はカムイコタンです。制作者はひげさん。
第5回ウディコン投稿作品です。
ジャンルは疑似3DダンジョンRPGです。

ストーリーは魔物をデータ化し使役させる機械が発明された世界で、
魔物が大量発生してきてるので主人公がその調査員の1人として
魔物をデータ化させる機械により戦いながら活動していくというもの。

全体的に雰囲気が非常に落ち着いた感じでまとまっています。
ストーリーも淡々と進んでいくような印象がありました。
登場キャラそれぞれも基本的にクローズアップされることは少ないです。
主人公もしゃべったりしませんし、掘り下げられることはありません。
こう聞くと寂しい印象も受けますが、個人的にこういう雰囲気は好きです。
何よりゲーム部分で楽しませてくれるので全く問題にならないと思います。
ちなみにニューゲームを始めた時のオープニングはすごくかっこいいです。

cap464.png

疑似3Dダンジョンとある通り、このゲームはマップがほとんど疑似3Dになっています。
十字キーの上で前に進み、左右で横を向き、下で反対方向を向きます。
他にも細かい操作はありますが割愛。
最初のうちは操作に慣れるまで時間がかかると思います。
右下のミニマップで自分の方向を確認したり、
サブキーでは既に歩いたマップを大きく表示してくれたりするので、
それを頼りにダンジョンを歩いていくことになります。
画面下にあるのは探索値で、歩くごとに1消費されます。
初期値は100ですが、歩けば歩くほど最大値が多くなっていきます。
探索値が無くなると強制的にダンジョンから外へ脱出させられます。
ダンジョンは様々な工夫や謎解きもあったりで戦闘を抜きにしても楽しいです。

cap465.png

このゲームは上述の通り主人公が戦うことは無く、
魔物をデータ化しそれを実体化させて戦わせることで敵と戦います。
とあるゲームの影響を受けているらしいですが、
私はそのゲームをプレイしていないのでどれくらい近いのか分かりません。
ダンジョンで戦った敵は一部を除いてボスモンスターすらデータ化して仲間にでき、
PTは最大で12体(戦闘メンバーは6体まで)引き連れて行けます。
モンスターは固有技として4種類の技をレベルアップで覚え、
更にストーリーの途中から相手が使用したり味方が修得した技の一覧から、
それぞれのモンスターに2種類だけ技をセットすることができます。
これによってある程度キャラクターのカスタマイズができます。
装備品も汎用装備は合成によって自由に強化することもできます。
ただし★がついた一点ものの装備は合成不可です。そのかわり基本的に良装備。

cap466.png

戦闘はCTB方式に近いもので、上述したスキルを用いて戦っていきます。
非常に珍しいかもしれませんが、このゲームに通常攻撃はありません。
スキルは画面中央下あたりにあるENを消費して使用できます。
このENは敵を倒したりすると入手でき、通貨の代わりにもなっています。
なのでENの消費はちょっとためらう部分もあるかもしれませんが、
逆に言えばENがある限りスキルは使い放題なので、個人的にはほとんど気にせず
ENを多めに使うスキルをバカスカ連発しても良いと思います。
基本的にEN切れを心配することはありません。
ちなみにサブキーをずっと押すことで高速戦闘を行ったり、
特定のキーを押してから歩くと強制的に戦闘になったりと、
やり込みを意識した配慮がそこかしこに見られ好印象です。


全体的な雰囲気、ダンジョン探索の面白さ、戦闘ややり込み要素など、
どれをとっても非常にハイレベルだったと思います。
若干3Dダンジョン探索ということで手を出しづらい面がありましたし、
実際慣れるのに時間はかかりましたが慣れればとても快適でした。
謎解きもなかなかちょうど良い難しさで歯ごたえがありましたね。
ただ静寂の試練は全く分かりませんでしたし答えを聞いても納得いきませんw
戦闘に関しては戦闘中だけで見るとそこまで戦略性はなかったかもしれませんが、
スキルの選択やパーティー構築の段階でいろいろ考えたりするので全く不満はありません。

初クリア時の最終メンバーはレラ、ルビー、アペ、ワッカ、トリジン、サキュバス。
各モンスターに限界レベルが設けられているのである程度
最終メンバーが固定されてしまうきらいはあるかもしれません。
更にある程度やりこんだ時はサキュバスがチュブになってました。
もし更にやりこむ場合はルビーをヴァルキリーに替えるでしょうね。
ルビーは参戦からずっと使ってきたので愛着はありますがw
やはり研究所でもらう魔物たちはどれも強いです。
ただしカンナはどうしようもなく使いどころが怪しかったです・・・w
あとはアペは数少ないハンマー装備キャラなので使っていましたが、
ちょっと打撃属性はスキルに恵まれず使いづらさが目立ったような気がします。

エンディングは3種類あるようですが、私は1つしかまだ見ていません。
恐らく一番平凡な終わり方だったのではないかなと思いますw
もしかしたら魔物に協力するエンドもあるのでしょうか?

気になった所は訓練所で選択肢が増えていくと会話ウィンドウに被ってしまうこと、
アッテムドや双塔などの一部マップが少し見づらかったというところでしょうか。
地面と壁を少しだけでも色を変えてくれると見やすいかもです。

最後になりましたが本当に楽しませていただきました。
今は他の作品もプレイしていきたいので後回しですが、
更にやりこんでみたいと思える作品でした。ありがとうございます。

【フリーゲーム等レビューの最新記事】
posted by リック at 19:23 | Comment(0) | フリーゲーム等レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

ウディコン投票開始!

ウディコンの作品投稿期間が終了し、全作品のエントリーが終わりました。
今回は87もの作品がエントリーされています。
前回よりもかなり増えているそうですね。
私もその盛り上がりに少しだけ貢献できれば幸いです。

そしてこれからは作品の投票が行われます。期間は今月末まで。
制作者の自分との戦いは終わり、これからはプレイヤーが主役です。
いろんな楽しいゲームがありますので、皆さんもぜひ参加してください。

ちなみに私は長編RPGばかりやっててあまり数はこなせてないです(^▽^A;)
既にたくさん投票が行われているようで、やはり短編ゲームに対する評価が
(良い評価悪い評価関係無く)行われているようですが、
これから長編ゲームのプレイを終えた方々が評価を行うでしょうね。

posted by リック at 19:01 | Comment(0) | ウディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

「はらぺこウルフさん」ウディコン参戦中

ただいまWOLF RPG エディターを用いた自作ゲーム「はらぺこウルフさん」が
WOLF RPG エディター コンテスト(ウディコン)にNo.34でエントリーしております!

ジャンルはアクション系ミニゲーム。
マップ内のアイテムを全て集めきるまでの時間を競います。
超スピードのダッシュ、ダッシュを用いた特殊なボーナスをフル活用して
みんなをあっと驚かせる記録を出してしまいましょう!

スクショ等は以下のページからご覧ください。
ウディコン公式サイト、はらぺこウルフさん紹介ページ
http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/Contest/entry.shtml#34

ウディコン開催中はゲームの不具合等の連絡を上記ページから行うことができます。

posted by リック at 22:15 | Comment(0) | ウディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊張の時間

ちゃんと審査が通れば良いのですが・・・(・ω´・;)

※追記
通りませんでした。

ダウンロードが何故か正常に行えなかったので再挑戦することに(^-^A;)

posted by リック at 21:31 | Comment(0) | ウディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

ウディコン間近!

いよいよウディコンの作品応募開始を3日後に控えました。
まだまだ先と思っていてもいつの間にか目の前というのは、
ウディタ創作勉強などなどいろんなもので感じられるものです。
私の周りもウディコン関連の話題が非常に多く出ています。
やはり締め切りまでに作品を完成させるというのは大変ですねー。

そして私の方ですが、無事に作品をほぼ発表できる形に仕上げました!
無事にチュートリアルも完成させ、素材関係の表記も見直し、
動作確認や不具合のチェックも概ね終わったと思います。
完璧に思えても後で何か見つかることはありますけどね・・・(^-^A;)
規約違反等が無いかチェックしましたが結構怖いですw

今回ウディタで初めて完成させた作品で、すぐ触ってすぐ終われることを重視しました。
作品を短い期間で1つ完成させることを目標にしたらこうなっただけですがw
他の人より良い作品を作ることは頭にありませんが、
不満をできる限りなくすよう努力したつもりです。
この点が評価されたらそれだけで嬉しいですね。


「WOLF RPGエディター コンテスト」はWOLF RPGエディターの公式コンテストです。
作品の応募は7月28日から。8月4日から審査・投票が始まります。
毎年たくさんの素晴らしい作品が投稿されており、
全て無料で遊ぶことができ、一般の方々による投票がなされます。
「RPG制作ツールでこんなことが!?」
「こんなの面白いゲームが無料で!?」
と驚かされるゲームがたくさんです。
是非この機会にウディタに少しでも触れてみてはいかがでしょうか?

WOLF RPGエディター コンテスト公式サイト
http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/Contest/

posted by リック at 20:11 | Comment(0) | ウディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

デフォルメウルファールさん完成

完成00.png

なんとか週末を迎える前に色塗りを終わらせることができました。
相変わらずどんな風に影を付ければ良いのかよく分かってません(^-^A;)
色を塗る前と後とで明らかに技量に差があると思われないようにしなくてはですね。
ともかくこれでゲーム制作も大詰めに入れそうです。
結構ぎりぎりな気がしますが、この絵を有効活用したいですね。

完成01(笑顔).png

ふんわり笑顔の表情差分。
自分で描いていてなんですがこういう笑顔がやっぱり一番です(´▽`*)


これだけPCで絵を描くんだったらペンタブ買うべきでしたね・・・w
もう少ししたら経済的な余裕が出てくると思うのでその時検討してみます。

posted by リック at 22:41 | Comment(0) | 自作絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

水戸光圀公のテーマ



最近水戸黄門にはまりつつあります( ̄∀ ̄)

水戸黄門のおなじみ
「この紋所が目に入らぬか!ここにおわすお方をどなたと心得る!
恐れ多くも先の副将軍(中納言)、水戸光圀公にあらせらるるぞ!」
という格さんの台詞後に流れるBGMです。

この荘厳さがすごいですね。絶対に勝てないという雰囲気です。
このBGMを流されたが最後、相手は絶望しながら平伏することになります。
しかしこのBGMの後半はがらりと雰囲気が変わるのですよね。
劇中ではここまで流れることはありませんので、私もこの動画で初めて知りました。
前半は黄門様の厳しさを、後半は優しさを表現しているのかもしれません。


ちなみに水戸黄門のBGMで好きなものがもう1つあるのですが、
そちらは検索してもBGMだけで紹介されてる物がなくてちょっと残念。
風車の弥七が颯爽と現れて悪者をやっつける時に流れるBGMです。
弥七のテーマは別に存在してて、そちらは隠密系のBGMですが、
私が好きなのはもっと激しさのある方ですね。

posted by リック at 23:02 | Comment(0) | オススメBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

チュートリアル

あまりウディコンまで猶予が無いのですが、
やはりチュートリアルがあった方が良いだろうということで作成することに。
そのためにウルファールさんの立ち絵を1つ作ろうと思いました。
文章だけだと味気ないですからね。

線強調.jpg

まだアナログで不用紙の裏にちょっと描いただけのものですが、
この絵を使おうと思います。デフォルメウルファールさん。
本当は服の裾は毛でもこもこなのですがちょっと挑戦する余裕はないかもです(汗)
明日までには色塗りを終わらせてチュートリアルを作りたいですね。
ウディコンまであと10日ほど!間に合えー!

posted by リック at 21:35 | Comment(0) | ウディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

ReadMeの作成

ゲーム発表を控えて地盤を固めるためにReadMeにも工夫を入れることに。
といっても単にReadMeをhtmlで作るだけですけどね。
とはいえ全くどんなゲームか分かっていない人にとって、
画像付きでゲームを説明できるのは大きいと考えています。

これまでhtmlは授業でしか扱ったことがなかったので、
ほとんどネットで調べまくって作ったのですが今日完成しました。
これでReadMeをちゃんと読んでくれる人には伝わるような状態にはなったかと思います
(もうちょっと推敲して更に見やすくしていきたいですが)。

しかしReadMeは必ず見てもらえるわけではありません。
こういう場所では「リドミを見てない方が悪い」とは言えないのです。
最近そういうことを色んな情報を見て思うようになりました。
なのでできればゲーム中に何らかの分かりやすい説明を
入れられるようにしたいと考えています。
ウディコンまであと半月くらいなのでどれくらいできるかは分かりませんが、
少しでも文句を言われないような作りにしていきたいと思っています。

posted by リック at 20:43 | Comment(0) | ウディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

テストプレイフィードバック

昨日テストプレイヤーさんのおかげでいろいろやるべきところが見えてきました。
自分でもやろうと思ってたこともありますが、
こうしてテストプレイを頼むと俄然やる気が出てきますね。

qSvTf.png

はなまるゲット目標タイムの可視化。
やはり明確が目標があった方がプレイする気になりそうですね。
ついでに目標タイムをある程度引き下げました。
ただしゴールドはなまるの難易度は変わりません。
見た瞬間無理だろ・・・と思えるくらいにはしておく予定です。

GxagA.png

ミニマップでの地形表示、そして敵の可視化。
ミニマップは作者だと覚えてしまうので重要性が薄いのですが、
やはり初見プレイにはあった方が良いみたいです。
設定で大きさをある程度調節できるようにするかは現在検討中です。


ある程度は導入出来てきましたが、残りのものは全て高難易度。
良い作品になるようしっかり調整していきたいですね。

posted by リック at 22:12 | Comment(0) | ウディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする