2017年05月28日

世紀末やきう杯!高野レン主催狂下位ランセレバトル23イニング



■巴マミ/7P VS アストラガロス/10P
一撃をいつでも打てる相手ですね(`・ω´・ )
とはいえ一芸特化というわけではなく結構立ち回りも強いと思います。
どこからでも一撃がだいたい繋がるので結構つらい相手だったかもですが、
こっちもコンボ火力があるので戦えてました。
ちなみに更新で若干攻撃力が落ちたので2ラウンド目は以前のバージョンだと
即死になっていたかもしれません(´▽`)
3ラウンド目まで行けて、こちらのダウン時間を一定にするために
即座にダウンで無敵になったのがあって一度相手の一撃が外れましたが、
最後は結局一撃をもらってしまいました。
二者残塁にしちゃいましたね(^-^A;)

posted by リック at 13:11 | Comment(0) | MUGEN動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

狂下位級!叩け筐体ランセレトーナメント Part1



■ヘブンズゲート/7P VS ダンガン/7P
このランクでは立ち回り性能的にはかなりのものであるヘブンズゲート7Pですが、
一発の火力は大したことが無いので見た目よりはチャンスがあります。
格ゲー考慮のAIだとかなり有利だと思いますが、
やはりこのランクになると普通に当ててきますね(´▽`)
そしてワンチャンスで持っていくダメージが高いタイプなので、
十分勝機はありました。まさか飛び道具で10割されるとは思ってなかったですが(^-^A;)

posted by リック at 20:27 | Comment(0) | MUGEN動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

狂下位級!叩け筐体ランセレトーナメント



自作キャラからアストラガロス10Pとヘブンズゲート7Pを
使っていただけることになりました。ありがとうございます(`・ω・´)
自キャラ以外にもオリキャラが多めな印象がありますね。とても良いことです(´▽`)
メジャーどころが多いと投コメにはありましたが、
むしろこれだけの規模の動画だと少ないくらいかもですね。
自分としてはこのくらいがちょうど良いくらいに感じてます。
既に撮影が終わってるとのことで、定期的に投稿を行ってくださるみたいですね。
安心して見ることができそうです。

posted by リック at 20:13 | Comment(0) | MUGEN動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

次なる新キャラ



マダリツォを公開してからすぐさま次のキャラに進んでいきます。
もうここまで来たらどんどん突っ走っていきたいですね。

今回作るのは格ゲーの伝統、デカい投げキャラ。
敢えて身長の設定が低いスティアワンと並べてみましたがかなりのサイズ差ですね。
ずいぶん真面目そうな服装なのは教師という設定のため。
また格闘技は専門ではないため動きはややぎこちなさがあります
(技術不足を隠すためとか言ってはいけない)。
筋肉隆々なモデルを作る技術は無いのでずんぐりむっくりな体型に
なってしまったのがちょっと残念です(^-^A;)

今回も1ヶ月ちょっとで完成させられたら良いなぁ(´▽`)

posted by リック at 17:53 | Comment(0) | MUGEN製作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

木人形、アストラガロス、マダリツォ・フィリ更新

木人形をv0.331に、
アストラガロスをv2.21に、
マダリツォ・フィリをv1.01に更新しました。
いずれもIKEMENで操作するための演出簡略化の設定を追加しております。
今回はフルダウンロード版だけでなく修正ファイルを用意しております。
ただし木人形はv0.330、アストラガロスはv2.20以外には
使用することができませんのでご注意ください。
上記のバージョンを持っておられない方はフルダウンロードをお願いします。

なおスティアワンですが、別の問題でIKEMENで使用することができません。
今のところ対応することは困難です。大変申し訳ございません。

※注意
ダウンロードしたままの状態ではIKEMENで使用することができません。
option.txt(マダリツォはsetting.txt)を開き、
"演出簡略化"で検索してそこでの説明にしたがって設定を変更してください。


今回の更新はAIの観戦が目的の方にはほぼ必要の無いものです。

ダウンロードは以下のページからどうぞ。
http://u6.getuploader.com/falljohn/

posted by リック at 21:03 | Comment(0) | MUGEN製作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

マダリツォ・フィリ 公開開始



MUGENオリジナルキャラクター、マダリツォ・フィリを公開しました。
前回のスティアワンから1ヶ月強くらいですね。
キャラの基本が固まってるので結構早くできました。
木人形、アストラガロス、スティアワンも更新しております。
マダリツォとのシステム対応だけではなく、このキャラになって初めて搭載した
トレモ専用機能、ガードスパークや1ゲージ消費技の演出が加わっています
(木人形のみ構造が結構違うため搭載できなかったものがあります)。
また、アストラガロスは11Pと12Pの性能調整項目が増えています。

ダウンロードは以下のページからどうぞ。
http://u6.getuploader.com/falljohn/

posted by リック at 19:25 | Comment(0) | MUGEN製作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

常時AI起動をしながらトレモで操作可能にする

[State -3, AI起動/1]
type = LifeSet
value = 0
trigger1 = RoundState < 2 && !RoundsExisted
trigger1 = var(XX) := Y ;AI変数
[State -3, AI起動/2]
type = LifeSet
value = LifeMax
trigger1 = RoundState < 2 && !RoundsExisted
trigger1 = 1 || var(XX) := !Life*var(XX)

上記の記述を-3ステート辺りにコピペして、
var(XX)にはAI用の変数番号を、YにはAIレベルを入れてください。
たぶん既にやっている人はいると思うのですが、
恐らくあまり広まっていないかなーと思って記事にしました。
WatchモードによるAI対戦か、トレモでの確認くらいしか行うつもりが無ければ
このような記述が結構役に立つと思います。
もちろんMUGENには色んなキャラや記述がありますので、
これで正確に動かないなんてこともあり得るのでご注意ください。
あとAI起動が遅いことを前提にしてAIを組んでいるキャラとかだと
フライングすることがあったりします(^-^A;)

ちなみに変数を1つ消費しますが、上記の記述を応用すれば
トレモでAIを一切暴発させないようにすることも可能です。
一応変数を消費しないやり方もあるのですがあまりオススメはできません。

posted by リック at 21:30 | Comment(0) | MUGEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

凶&狂HIGE3P前後超乱闘カオスクレイジーランセレバトルpart57



■モハメド・アブドゥル/1P VS 歌うオロチ/7P
やはりドラクエ楽譜が強いですねー。
このアブドゥルはアンクしない方でしたっけ?
かなりの無敵がないとオロチの相手は厳しいかもしれません。
それでもオロチの技選択はそこまでシビアにはしてないので、
画面中央固定ならそこそこ戦えるみたいですが、
それでもオロチ有利だったかなと思います。
ジャッキーに対してこっちはなかなか良い成績になってますね(´▽`)

posted by リック at 21:13 | Comment(0) | MUGEN動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

世紀末やきう杯!高野レン主催狂下位ランセレバトル16イニング



■芽兎めう/10P VS アストラガロス/10P
なかなか謎な技が多いキャラですねw
元ネタが分かればまた印象が違うと思いますが(´▽`)
性能は分からないですがやっぱりこのランクなので無敵が結構ありそうです。
1ラウンド目はリバサに昇龍振ってたのに負けてましたしね。
しかし演出が結構長いのでゲージがすぐ溜まってしまいますねー。
防御力はたぶん普通のキャラと大差無いので、
攻撃力2倍状態のアストラ相手だと1コンでやられてしまいます。
ワープで裏回って攻撃するのがやはりこのランクならまだまだ強く、
今回は勝利しました。2連勝ですね。
とりあえずチームの邪魔にはならなかったですが、
今回出た側のチームがかなり押してるんですよね(^-^A;)

posted by リック at 20:39 | Comment(0) | MUGEN動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

世紀末やきう杯!高野レン主催狂下位ランセレバトル15イニング



■歌うオロチ/7P VS センジョウデナニカニメザメタクラーク
実は以前から気づいていて敢えて言ってなかったのですが、
デフォルトである常時センターマンの設定って実は本来よりも弱いんですよね(´▽`)
特に7Pや8Pは遠距離で相手を封殺するのが本来の戦い方なので、
わざわざ相手に近づいてあげているセンターマン状態はわざわざ強みを消してるわけです。
というかAI的に相手が近くにいると口笛を吹かないというのが一番もったいないかも(笑)
でもこっちの方が一方的な展開が出づらいので
デフォルトの設定はセンターマンONで良いと思っています(´・∀・`)

実際に今回の試合では2ラウンド目に遠距離で封殺が発生しちゃいましたねー。
近づかないとあまり攻撃ができないみたいです。
ドラクエ楽譜を出すとこちらの勝ちパターンのようです。
それはクラーク相手以外でも大抵そうだと思いますけどね。
逆にラウンド開始時から目の前にいるので投げをよく食らうことに。
これもクラーク以外でも頻繁に起きることですね(´▽`)
最後はこのまま押すかなと思ったら楽譜が消えたところに近づかれてやられてしまいました。

posted by リック at 20:34 | Comment(0) | MUGEN動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする