2013年06月20日

アメジスタ 1P(制作:mapelaoさん)

cap381.png
cap382.png

設定・AIはデフォルト。
1Pは凶〜時間経過でランクが上がっていくそうです。

性能としては、
連続してビームを発射する技がガード不能、
通常技をキャンセルして投げが出せる上にガード硬直を掴む、
前ダッシュから来る意外なほど長いリーチの中段、
回避がほぼ不可能な小さい球を大量に発射する技、
通常技ですら黒くフラッシュするので目に悪い、
辺りが結構辛かったと思います。
ガード不能なのは製作者さん本人に聞いたところミスだそうです。

AIは遠距離では一度に大量の小さな弾を出す技で相手を固め、
その隙に前ダッシュから中段をしかけて飛び込み、
ヒットしたらコンボ、ガードされたら通常技から確定投げを決めてくるのを基本とします。
コンボはダウン追い討ちがし放題なので結構持って行かれます。
時間が経過するとどんどん強くなっていくので、
さっさと倒してしまうのが一番ですが、なかなか難しかったですね。
しかしビームを変な場面で出すことが結構あって、
その隙に攻撃をあててフルコンを決め、起き攻めをしっかりすれば
ガードが甘いのでそのまま殺し切ることが可能です。
だいたい5回目くらいの挑戦で勝てたので、対策ができれば意外に勝てました。

ちなみにその後AI戦を見てみましたが、強キャラにも結構負けてることがありました。
意外と攻撃の密度が高いわけではないのでしょうか?

posted by リック at 22:48 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

神依MA(制作:みかえるさん AI;Y.Kさん)

cap377.png
cap378.png

設定は特に無かったようなのでデフォルトで。

性能としては、
何故か削りがあるチェーン可能な通常技(刀攻撃だから?)、
密着でも有利フレームが非常に長い射程有限な2つの飛び道具を出す214x、
昇龍っぽい見た目なのにガードさせて大幅有利の236a(無敵は無くしゃがめば躱せますが)、
この辺りが非常に突出して強かったと思います。
特に飛び道具がこれ1つでランクを変えてしまうかもしれない程超性能で、
飛び道具から通常技がヒットガード問わず繋がります。
若干難易度は高いですが永久ヒット、永久削り可。
あとこの飛び道具が何故か打撃属性でした。一部キャラのシステムがおかしくなるかも。
ステップかと思わせて常時ctrl=1のダッシュもちょっと厄介です。

AIは強力な飛び道具をある程度自重していますが、
それでもだいたい通常技をガードさせたら延々連ガして1割くらい削られます。
時々中距離で236aぶっぱもしてきます。スカしても早いので若干反撃は難しめでした。
飛び込みは飛び道具で対空してくるのでアカツキでは跳びは通りませんでしたね。
当身は強力ですが使用頻度は多すぎず少なすぎずでした。

何度か正攻法での撃破を試みてみたのですが、
結局接近戦はガード削りというリスクが非常に大きいため、
対空に飛び道具を使うので空中C電光弾で軌道をずらしハメ殺すというしょっぱい戦法に。
最後は飛び道具を遠距離ぶっぱした所に神風を刺して締めだけかっこつけて勝利。

cap379.png

ちょっとこの方法で勝つのは納得が行かないので、
記事を投稿する前に再度飛び道具を封印して挑戦。
積極的に攻めてみると起き攻めに攻撃を振るとかなりゲージ当身を使われました。
とにかく中距離飛び道具ぶっぱに攻撃を刺して、そこから攻めを継続したり、
もしくはゲージがたまったら飛び道具に神風を刺し返したりして勝利。


そういえば時々密着でいきなりこちらがノーダメージでダウンしてたりするのですが、
何か投げがミスったりしているのでしょうか?

posted by リック at 22:16 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

ナイア・ルラトホテップ(制作:逢魔刻壱さん、41さん、エスさん AI:cafeさん)

cap361.png
cap363.png

本来はリクエストを受け付けていなかったのですが、
某所で対戦相手がいないかなぁと言ったら勧められたので挑戦してみました。
今更このキャラを説明することはないでしょう。

本体設定はデフォルト、AIレベルはデフォルトの2です。
また常時AI起動の設定が機能してないのでちょっと弄ってます。

性能面で感じたことは、
斜めに飛んでいく棺桶が空中ガード不能だということ、
スライディングが密着でガードされても1Fしか不利がないこと、
バクステをキャンセルして出す特殊技が中段で
AIはそこから着実にフルコンする上ガードされても有利であること、
ガーキャンでゲージを消費しない上にそこからフルコンも可能であること、
などが非常にきつい感じでした。
また、超必昇龍を派生させて出す超必が最初の超必をガードしても
暗転中に攻撃が当たっているのかガード不能になっていました。

AIは特にバクステ中段を非常に頻繁に出してきます。
また何かをガードしたらほぼ確実にガーキャンしてきますので、
こちらから攻撃することはほぼ自殺行為でした。
密着で何もしないのでこちらから投げに行くと超反応で超必を放ってくるのも厄介です。

対策としてはバクステ棺桶投げを攻性防禦して相手の隙に刺し込むこと、
また起き攻めでめくりJBを出すと対空2Aに刺さってフルコンに行けるので
それを連発してハメ殺すことがメインでした。
勝てそうな時に根性値が結構高くて神風で3割も減らなかったのは泣きましたね(^-^A;)


AI戦では自分から攻めてこない相手は苦手な様子。
ただし自分から攻めてくるキャラだとガーキャンがやり放題なので
木人形7Pのような凶キャラにも勝ちます。
ガーキャンが通用するかで上位のキャラも食えることがあるという感じでしょうか?

posted by リック at 20:28 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

レギン・ヴェグルレスフ(制作:プレートさん)

cap350.png
cap353.png

昨日公開されたので早速挑戦してみました。

このキャラはオリジナルみたいですね。
本体の動きは少ないとはいえD4ドットで細かい所まで丁寧に描かれています。
私はこういう魔物っぽい造形を考えるのは苦手なので、
こういうのを見るとどうやってアイデアを出すのだろうと不思議にすら思ったり(^-^A;)
認めた相手には打撃を使うとのことですが、
それがキャラに反映される日も来るのでしょうか?w

性能としては、説明にもある通り遠距離攻撃しか持たないキャラです。
通常技も何もかも飛び道具ですが、小技に相当するものは無いに等しく、
どの技も発生が遅くて全体の硬直も長いです。
とはいえ飛び道具の有効範囲は広いため硬直はそこまで気にすることは無いです。
有利フレームは発生の遅さを考えるとそこまでぶっ飛んだものは少なめですが、
飛び道具がジャンプで躱せるものが少なく近づく手段が少ないとやっぱり厳しいです。
何故か削りのない飛び道具もあります。しかしレーザーの削りはかなり激しめ。
一部のビームはGuardDistが正常ではないのでAI戦ではガードが困難です。
超必は削りがやばいレーザー、削りが無いビーム、下段の地を這う飛び道具、
何故か中段でガードしても2割以上削れる全画面技というラインナップ。
ちなみに1ラウンドに1回バーストに似た食らい抜けができます。
余談ですが飛び道具のほとんどが打撃属性のProjectileです
(プレートさんのキャラは何故かそうなってることが多いです)。
場合によってはこのせいで一部のキャラのシステムが機能しないことも。

ここまで性能について書いてきましたがこのキャラの
性能において最も重要なのが「死霊奴隷」という技。
このキャラの強さの7割くらいはこの技でできています。
この技は小さな死霊を2体召喚してそれらが相手に近づいてきて、
ぶつかったらダメージと同時に長いヒット硬直を与えるものなのですが、
まずこの攻撃がガード不能。更に投げ属性なのでブロ等を持つキャラでも対処不可です。
死霊に2回攻撃を与えれば消えてくれますが、打撃しか通らないので
食らい判定が先に延びるキャラだと厳しいかも。
幸い相打ち判定は3と良心的なので一方的に負けることは少ないですが、
そもそも本体の飛び道具がそれをさせません。
このキャラと戦うにはこの死霊と飛び道具を一度に処理する必要があるので、
この死霊を出されると一気に辛くなると思います。

AIはこういう技の構成なので他に戦法は無いのですが、
自分からはほぼ動かず砲台戦法で攻めてきます。
死霊を召喚して飛び道具で固め、死霊のガー不が刺さったら追撃の繰り返し。
しかし本体はかなりガン攻めでガードをしようとしないので、
ダウンを取れる飛び道具を持つキャラなら連発することで勝つことができます。
開幕から死霊を出す前に連発してしまえば何とかなります。
死霊を出されてしまったら相手が食らっている隙にジャンプで飛び越えると良いです。
死霊は一定時間ごとに方向転換しますが、遅いのでうまくいけば処理できます。
もしくは死霊を蹴ってそれで得たMoveHitで飛び道具キャンセルするなども。
ただしダウンを取れる飛び道具が無い場合はダメージレースになるかも・・・
飛び道具が無いキャラは絶望するしかありません。
それでも突進力があるキャラであれば何とか一撃当ててダウンを取り、
そこから起き攻め足払いでハメ殺すことはできそうです。
しかしラウンドに1度使う食らい抜けで吹っ飛ばされるので、
2回チャンスを得なければなりませんが・・・
投げならば食らい抜けされませんが、今度は瞬間移動で
逃げられることがあるため足払いの方が確実そうです。

cap355.png

飛び道具封印版。
C徹甲脚の突進が決まってそこからハメ殺せるかの勝負でした。
死霊が辛いので、画面の反対側に陣取り死霊が自分に近づいてきてから飛び越すと
死霊が追いついてくるまで時間がかなり稼げるので
1回のチャンスをつかんだ時のリターンが大きくなります。


ちなみにAI戦での強さは凶上位と狂下位の間くらいな感じでした。
マスターギースにも勝つことがあったりしますが、
飛び道具の強さではさすがに狂の土俵に立つには若干物足りないかもです。
普通のキャラと戦うことを想定しているようなAIのキャラだと強いですね。
なのでナテルオさんのジャスティス、モヒカンさんのトキには勝つことがあります。

posted by リック at 20:44 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

みょんぎつねAIレベル12

cap346.png
※画像では分かりませんがちゃんとAIレベル12です。

AIレベル12に挑戦してみました。
このAIレベル12は他のものとは違って高速でジャンプと急降下攻撃を繰り返してきます。
いわゆるドゥエリストという奴です。
一旦AI同士の対戦を観戦してどんな戦い方なのかを見てみましたが、
私のキャラではほぼ勝ち目がなかったくらいなので覚悟してかかりました。

この動きは頑張れば人でもできる・・・というわけではなく、
着地硬直をジャンプキャンセルしているため普通よりもずっと早いです。
急降下攻撃も発生が早くなっています(打撃の発生が1Fなために、
MUGENの内部処理でのガードはできますが記述上のガードは1P側では困難です)。
更にジャンプ動作と急降下攻撃を行うと15Fの無敵が付与されるため、
結局のところ性能改変が行われていると言えます。
最初はこのことに気付かず昇龍を擦っていましたが全く当たらなかったので、
不思議に思って記述を見てやっと分かりました。

まず高速中段は見切ることはできませんので、常に立つしかありません。
幸いなことに対となる下段の使用率が非常に低いためこれで凌ぐことができます。
ただし高速移動で凄まじい勢いで裏回ってくるため、
左右ガードを瞬時に切り替えることが必要であり画面中央で攻撃を防ぐことは難しく、
めくりが起こりづらい画面端に開幕から必死に逃げる必要がありました。
しかし画面端でガードを固めてもみょんぎつねの幅が狭いため、
画面端にいるのに裏回られたりすることがあります。
これは運が悪いと思って頑張ってまた画面端に戻ります。

ガードを固めていてもまず勝てないのですが、
幸いなことにこのAIは時々昇龍をぶっぱしてきます。
なので基本的にこれを待つことになるのですが、
昇龍の不利は7Fしかないので、ここに何かを通すということも結構難易度が高め。
更に何故か昇龍が硬直も含めて完全無敵になることがあり
(15Fの無敵が原因ではないような気がします)、
投げがスカって逆に痛い反撃をもらうということがありました。
仕方がないので投げではなく、C人間迫砲で返すことにしました。
こちらももちろん無敵でスカされることがありますが、
空に飛ぶ分反撃が安くすむことがあり、更に着地を正確に投げる必要も無いです。
3ゲージがあれば神風につなぐこともできるのでこっちが安定しました。

時々出してくる桜花閃々は中段でそこから下段を出されるとほぼガード不能で
4割くらいもらってしまうので、超必のタメ動作が見えたらジャンプすることで回避、
画面端で裏回られたらA昇龍を出すと相手が
逃げてくれることがあるのでその隙に再び画面端に陣取り、
時々ぶっぱしてくる当身を見たら投げ、
起き攻めは起き上りに小パンをスカすと昇龍を出してくるので、
そこを再びダウンを取る技で転ばせてなるべくリターンを取る・・・
などなど色々やって、最後は時間切れで逃げ切りそうでしたが、
最後に昇龍をぶっぱしてくれたのでC昇龍を決めて勝利。
本当にぎりぎりの戦いでした。たぶん75戦くらいやったと思います。

ちなみにその後AI戦をさせてみましたがAIレベル12だと
だいたい凶上位〜狂下位くらいな感じでした。
マスターギースやエルクゥには敵いませんが、ナテルオさんジャスティス、
ABYSS、ヘブンズゲート7P、木人形12Pなどにも勝ったりします。
ただ飛び道具や投げに対しジャンプを行って何もしないため、
飛び道具が強力なキャラの相手はかなり辛そうな感じでした。
私は結構頑張ったと思います(^▽^A;)

posted by リック at 22:28 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

みょんぎつね(制作:箱猫さん、AI:屠神さん)

cap344.png
cap345.png

最近AIが更新されていたのを見て挑戦してみようと思いました。
ちびキャラなので非常に戦いづらそうでしたがw

みょんぎつね、何か元ネタがあるのでしょうか?
妖夢のきつねっぽいちびキャラです。
1つ1つのドットが丁寧でかわいらしいキャラになっていますねー。

設定はAIレベル7は他はデフォルト。
デフォAIもありますが、2、3回戦ったらほぼ勝てるようになってしまったので、
プレイヤーでの挑戦という観点から今回は外部AIを入れてみることにしました。

まず性能面から言うと、(個人的に)ありえない所での中段が厄介でした。
A連鎖は天則でもそういう感じなので仕方ないですが(でも小さいので見えない)、
214A連鎖が中段だったり、6Aが中段だったり、円心流転斬の
A長押し版の最後が中段だったり(A長押しが無いと最後は下段なので完全2択)、
冥想斬も中段だったりでガードを固めるだけでもひと苦労でした。
更に超反応で出してくる昇龍がかなりえげつない性能で、
無敵が長く、ヒットすればそのまま空中追撃して時には4割、
ガードしても不利が7Fしかないというかなり殺しにかかってくるもの。
人操作では使いづらいと言われる当身も、受付時間が尋常ではなく長いみたいなので、
動作の分かり辛さ、成功時の分かり辛さもあって強烈でした。

AIはこれらをかなり有効に使ってきており、
有利フレームがすごい飛び道具で固めながら中段で崩して来たり、
近距離で技を振れば超反応昇龍が待っていたりします。
当身も分かりづらいですがすごい勢いで使ってきているため、
安易に攻めることはできなかったと思います。
それでもガードは適度な感じだったので結構飛び込みも通りました。
しかし小さいのでフルコンにいけない場面が多々。

仕方がないので途中から戦法を変えて、投げを積極的に使うことにしました。
不利が7Fしかない昇龍もちゃんと投げれば問題ありませんし、
先程挙げた中段の6Aもキャンセル不可で5F不利なのでしっかり投げれば確定します。
これらを使ってダウンを取り、起き攻めにきっちり中段を重ねると、
昇龍の発生がやや遅いため疑似的に詐欺ることができ、
更に投げが確定して攻めを継続することが可能でした。
とはいえ昇龍も毎回やってくるわけではないので、
なかなかパターンにハマらせることはできずやはり苦戦しました。
最後は少しでも触れられたらやばいという状況でしたが、
なんとか飛び込みを通して神風を当てることができました。
たぶん40回くらい挑戦したような気がしますw

posted by リック at 21:26 | Comment(3) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

クレセント(制作:松梅魂さん、AI:Silvanさん)

cap342.png

何か戦う相手がいないかなーと思って動画を見ていたら、
気になっていたのに見ていなかったクレセントを見かけたので挑戦してみました。
AIが本体の最新版公開後に更新がされていないので対応しているか不安でしたが、
更新履歴を見ると最新版の更新はそこまでAIに影響が無いもののようだったので、
本体は最新版を使っています。何か問題があったらすみません。

クレセント、ブラッキーの擬人化らしいです。
手書きで製作されており、違和感がないくらいに綺麗なドットで作られています。
声も違和感が無くぴったりな感じでしたw
非常に素晴らしいキャラなので皆さんも是非。

設定はデフォルトで。
クレセントの攻撃がすべて空中ガード不能なのできつそうと思いましたが、
とりあえず勝てそうにないと思うのでそちらにしておくことにしました。
以前同じ松梅魂さんの製作したハクレンにぼこぼこにされたので、
今回はどうなるのだろうと内心びくびくしていました(^-^A;)

全ての攻撃が空中ガード不能なので、当然飛び道具も空中ガード不能です。
それがかなり厳しく、やはり安易なジャンプで様子見すると死にます。
こちらには攻性防禦があるため跳んでも見てから捌くことができましたが、
他のキャラだと同じようにはいかなかったと思います。
密着だと投げを擦ってくるので近くで中段を振ると100%投げられました。
中段自体もほとんど通らないので中段は封印。
めくりも通らない上に何故かめくりに対する昇龍率が高いのか、
ぽんぽん落とされたのでこちらもほぼ使えなかったです。
他にも暴れつぶし昇龍などでなかなか反撃に回れないことも多かったですね。
飛び道具が密着だろうが不利が3Fなので固めも強いです。
勝つには相手の飛び道具を出した隙にジャンプを通すしかなかったですねー。
通してもそのころにはフィルアップで防御力が高くなっていて、
フルコン神風が5割行かなかったりと泣くような状況でしたw
当然タイミングを誤れば飛び道具を空中で食らってしまうので結構苦戦しました。
たぶん15回くらい挑戦したのではないかなと思います。

posted by リック at 21:48 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

天子ちゃん(製作:ダガーさん、AI:Airさん)

cap211.png

天子ちゃんは既に別の方のAIのものと戦って記事にしたのですが、
こちらのAIの存在を最近知ったので挑戦してみました。

こちらのAIはそこまでガン攻めというわけでもなく、
基本的に距離を取りながら相手の行動を見て動いてる印象でした。
そしてやはりAI作者が違うとそのキャラの強みを生かす部分が違っていて、
こっちと戦うことで気づくキャラの強みというのみ分かりましたね(逆もしかり)。
特に空中突進技が中段と言うのが非常に辛い感じでした。
あとはやはり移動投げもそうですが、連続で突いてくる技が非常に強かったです。
垂直ジャンプで様子見しようと思ったら当たり前のように潰されてしまいました。
こちらも人間で挑むのにちょうど良い強さをしていると思います。

ちなみに今回戦っていて自作パッチのミスに気付きましたので早めに修正しておきます。

posted by リック at 20:30 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

バブルスライム(製作:すだらさん)

cap199.jpg

動画を見て面白かったので挑戦してみました。
まず強いのが逃げるキャンセル投げ。
画面端と画面端に離れていても一瞬で目の前に現れて投げられてしまいます。
読んでも見えないレベルでしたねwAIだからこそできる超操作でした。
あとはギラ。これを置いてから泡で壁を作る様はまさに要塞。
飛び込んで攻撃を当ててもギラが刺さって逆にフルコンを食らいます。
そもそも飛び込んだら空中ガード不能で発生保証の昇龍を食らうのですけどね。
この昇龍はガードさせても8F有利で空中ヒットすればそこからコンボにいける凶技です。
他には小パンからの当て投げがなかなか強力でした。
倒すには遠距離からC電光弾を当ててダウンを取ってから近づいて、
頑張って起き攻め中段からコンボを決めてを繰り返す必要がありました。
幸い地上近距離でも昇龍をしてこないので一度ダウンを取ればかなり強気に攻められます。

cap200.jpg
cap202.jpg

はぐれメタルカラーも討伐。
常時アーマーでヒットポーズもかからないですし、近距離で地上通常技を
振ったら超反応で迎撃されるので攻略法を見つけるのが大変でした。
そもそも超必殺技じゃないとほぼダメージにならないのですが。
普通のキャラで挑むキャラではないと思うので仕方ないですね・・・w
アカツキでは特攻人間迫砲がまともにダメージを取れるほぼ唯一の技なので、
距離を取ってから泡を攻性防禦したりJCでゲージを溜めて、
近づいてから特攻人間迫砲をぶっぱすることで何とか勝利。
近距離で自分がダウンをすると起き攻めにベギラゴンをしてくるので、
わざと相手の投げを食らってから攻性防禦をして
特攻人間迫砲をぱなすと当てやすかったと思います。
それでも1回特攻人間迫砲を撃ってもノーダメージということもあり
かなり運に左右されました。非常に大変でしたねー。

posted by リック at 22:18 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天子ちゃん(製作:ダガーさん、AI:ワープスターさん)

cap204.jpg

対人をある程度意識しているAIとのことで結構固めてくるAIでした。
しかしガークラが無いのとほぼジャンプするタイミングが分かるので
当て投げをされない限りは崩されることはまず無かったですね。
タイミングが分からなくてもこのくらいの低ダなら大丈夫そうですが。
しかし時々来る要石の中段が結構ガードしづらかったり、
起き攻めの要石ドリルがなかなか厄介でした。
こちらは中段を振ればだいたい通るので積極的に振っていきました。
ただし近すぎると小パンや投げで暴れられちゃいますので、
小パンを刻んでちょうど良い距離まで離してから
中段にキャンセルさせると安全に崩せるかもしれません。

あとアカツキにエリアルが入らないみたいで、
たとえ崩されてもそこまで痛くなかったのも大きかったです。
このアカツキの食らい状態の判定が若干小さ目だからかもしれません。

posted by リック at 21:08 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする