2018年04月27日

Rainbow tear's

cap1880.png

結構ブログ更新してませんでしたね(^▽^A;)
久々の更新ですが内容はフリゲのレビューです。

こちらは八幡ひろきさんの制作された「Rainbow tear's」。
制作ツールはRPGツクールMV。ブラウザ版とDL版があります(自分はブラウザ版でプレイ)。
中編くらいのRPGで、裏ボス含めて12時間くらいでクリアしたかなと思います。
ふりーむの作者さんページはこちら。
https://www.freem.ne.jp/brand/5752

レビューの内容は続きからです。



ストーリーは国のために活躍した勇者の息子が王都に招集され、
もしかしたら攻めてくるかもという隣国へ派遣、
そこで活躍することで恩を売って戦争の火種を消そうというところから始まります。
主人公は勇者の息子ということで同じく招集された他の傭兵たちの代表となり、
6人の仲間のうちから3名を選んだ4人PTで行動することになります。

6人の仲間のうち3名が男性、3名が女性ですが、
これら3名の女性はみな攻略対象キャラであり、
PTに連れていくつかのイベントを経ることで好感度があがっていくようです
(なおこの好感度システムの詳細は裏ボス撃破まで知らされることはありません)。
とはいえエンディングにしか影響はしないようなので、
ゲームをプレイする上ではそこまで気にしなくても良いかもです。
仲間は途中で一時的にも離脱することはなく、誰かを使わざるを得なくされることはないので、
自由に好きなキャラを連れていきましょう。
ただし女性キャラよりも男性キャラの方が使いやすいキャラが多く、
おそらく女性3名を連れて行くのは一種の縛りプレイになるでしょう。
自分は好感度システムの存在すら知らなかったので男性4人でプレイしました(^▽^A;)
強いキャラにしか興味はありません!(`ω´)
ちなみに攻略対象キャラはプレイヤーキャラ以外に3名います(たぶん)。
なお全てのエンディングを見ることに周回プレイは必要ないよう配慮されています。

戦闘はリアルタイムアクティブバトル形式(常に時間が流れて敵味方が行動)ですが、
設定で変更すればカウントタイムバトル形式(行動順が来たキャラが行動)にすることができます。
自分はずっとCTBにしていました。忙しく操作するのはいやだったので…(汗)
もし一番難しい設定でやっていたらもっと苦戦していたことでしょう。

ただ難点もあって、6人キャラがいる割に同じスキルを覚えるキャラが多く、
もうちょっとキャラごとに個性的なスキルがあったほうが良かったかなと思います。
また難易度は後半いきなり跳ね上がる部分があり、そこでプレイを投げかけたことがあります。
後半は全体即死魔法を雑魚敵もボスもぽんぽん出してくるようになるため対策は必須。
そしてこのゲームの攻撃魔法は4段階(便宜上初級、中級、上級、最上級と勝手に呼びます)
ありますが、初級魔法以外は全てが全体攻撃。つまり中盤以降は味方も敵も
全体魔法をぶっ放すというかなり大雑把な戦闘になってしまっています。
個人的には敵が残り1体のときでも全体魔法を使わざるを得ないという状況にもなりますし、
威力は単体>全体であってほしいかなという感じがしますね。

マップに関してはダッシュが早いのは良いのですがかなり1マップが広いです。
今のマップの半分くらいでちょうど良いかなと思えるほどでした。

cap1881.png
しかしマップに関してここは本当に称賛したいところ。
雪マップで画面の明度をわざと落として眩しさを軽減させています。
これはフリゲ作者全員に見習ってほしいですね(^-^A;)

不満点もそこそこありましたが、最後までプレイして楽しむことができました。
自分としてはもう少しキャラを強化する要素があればなーと感じますけどね( ̄∀ ̄)
フリゲでは中長編RPGを作ってくれるだけで貴重な存在なのです…(`ω´)
あと参戦を予期させながら最後まで加入しなかった妹は許さないぞ!

以下は各プレイヤーキャラの性能についての簡単な総評。
・主人公(名前は自由)/ブレイバー
勇者というだけあって物理職でありながら攻撃魔法、回復魔法、補助魔法を使うことができる。
しかしさすがに味方キャラのそれぞれの部門の特化キャラには及ばない。
主人公なので当然最後まで外すことはできないが、お荷物ということはない。
攻撃魔法は雷のみだが、雷には確定素早さダウンがあり、威力を抜きにしてもボス戦で活躍する。
ただし回復魔法と補助魔法はとりあえずありますといったかんじ。
基本的には安定した物理火力をメインにして戦うことになると思う。
ただし最終装備は他のキャラに比べるとちょっと弱い…結構重要なイベントで手に入るのに。
ちなみに槍装備という割と珍しい勇者。

・エリク(男)/ウィザード
典型的な魔法使いだが、素早さもそこそこ高く、先手をとって全体魔法を撃てる。
最終的な火力はもっとも高いが、やはり魔法使いなので打たれ弱い。
味方の防御を高めるスキル以外の補助魔法も覚えるため安定して戦闘で役に立ってくれる。
裏ダンで手に入る専用装備は追加スキルがあり、それがあると世界が変わる。

・マリー(女)/クレリック
回復魔法のスペシャリスト。
全ての回復魔法を習得することができるが、素早さがあまり高くないのがネック。
補助魔法は防御と魔法防御に関係する強化/弱化スキルを習得可能。
またドラクエの僧侶を反映してか即死魔法を使うことができる。
重装備が可能なのでやや打たれ強く、実質ノーリスクで盾を装備できるのが強み(このゲームは盾を装備すると攻撃力が落ちる)。
裏ダンで手に入る専用装備があれば追加スキルで攻撃にも参加可能に。

・アルス(男)/ウォーリア
HPと攻撃が高い典型的な戦士タイプ。
MPと魔法攻撃と魔法防御は一切成長しない、男の中の男。
MPが無い代わりにスキルは一切のコストを要しないが、半分くらいは使わない技。
防御アップと属性耐性アップは強力だが挑発スキルが無いのが痛い。
なので最後まで通常攻撃で戦うことになるが、火力はちゃんと高いので心配する必要は無い。
しかし最後に習得する「せいしんは」が割と壊れ。
時間経過で味方全員のHPとMPが回復していくが自分はその間一切行動できないというもの。
雑魚戦ではせいしんはを開幕に使用し、他の3人が全体魔法をぶっ放すという戦法が
MPを温存しながら進めるので強力。
ボス戦でもこのキャラにMP管理を任せてしまえるため、戦線の安定化を図れる。
常時全体HP回復もあるため大ダメージを受けても即死しなければ立て直しも容易になる
(なお自分がプレイした後にせいしんはの仕様変更があったらしいのですが、
実際にどういう変化があったのかは確認していませんのでプレイ当時の感想です)。

・メロディア(女)/メイジナイト
アルスと同じく剣士技を使いながらも攻撃魔法や補助魔法も使える魔法戦士。
…なのだがぶっちゃけ最弱。
剣士技は肝心のせいしんはが無いためアルスと同じような運用はできず、
攻撃魔法はなんと中級魔法の炎と氷だけ、
補助魔法は単体強化のみで全体強化を習得しないという器用貧乏とも言いがたい中途半端さ。
裏ダンの専用装備によって高位の魔法が追加されるが、
補助魔法は全体強化を習得するものの攻撃魔法は上級止まり。一応雷も使えるようになるが…
ステータスも残念と言う他なく、素早さは遅いしHPも物理職とは思えない低さ。
女性キャラは弱いと上述したが正直こいつが弱いだけかもしれない。使うには文字通り愛が必要。

・ソフィー(女)/ハイプリーステス
攻撃魔法と補助魔法、回復魔法を使いこなす万能魔法職。
攻撃魔法は唯一光属性を使うことができ、耐性を持つ敵はたぶんいないため安定した火力を発揮できる。
やはり司祭なので(?)即死魔法も習得可能。補助魔法は弱化は使えないが強化はすべて習得でき、
唯一魅了の状態異常を付与できる(使ったことが無いので実用性は不明)。
また回復魔法も専門職には及ばないが中級全体回復や蘇生(戦闘中は使えないが)を習得。
MP、魔法攻撃、素早さが全キャラ中トップクラスという実は強いキャラ。
裏ダンの専用装備で追加されるスキルは味方全体の全能力2段階強化という強力なもの。

・リヒャルト(男)/セージ
ぶっちゃけた話、最強。初心者救済キャラと言って全く過言ではない。
国の高名な老賢者ということで設定上弱いとおかしいのだが、
加入時点で他のキャラがレベル4のところを20とかいう次元の違いを見せつけており、
光と即死以外の攻撃魔法、魅了以外の補助魔法、全ての回復魔法を習得可能と非の打ち所が無い。
ステータスも高く、魔法攻撃は他の魔法キャラに劣るもののHPは標準、高い魔法防御とMPを持ち、
素の攻撃力は低いが装備の攻撃力が異様に高く通常攻撃も悪くない。なんだこの爺さん。
味方キャラの特徴を教えてくれるNPCは後に他のキャラに追いつかれる的なことを言っていて、
実際老人だから成長はあまりできないのかと思ったら全くそんなことはない、
最後まで一線で活躍できる強さを持っている。
裏ダンの専用装備で追加されるスキルもシンプルに超強力。
高い難易度のゲームを求めるなら縛ろう。

【フリーゲーム等レビューの最新記事】
posted by リック at 20:40 | Comment(0) | フリーゲーム等レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]