2017年05月05日

常時AI起動をしながらトレモで操作可能にする

[State -3, AI起動/1]
type = LifeSet
value = 0
trigger1 = RoundState < 2 && !RoundsExisted
trigger1 = var(XX) := Y ;AI変数
[State -3, AI起動/2]
type = LifeSet
value = LifeMax
trigger1 = RoundState < 2 && !RoundsExisted
trigger1 = 1 || var(XX) := !Life*var(XX)

上記の記述を-3ステート辺りにコピペして、
var(XX)にはAI用の変数番号を、YにはAIレベルを入れてください。
たぶん既にやっている人はいると思うのですが、
恐らくあまり広まっていないかなーと思って記事にしました。
WatchモードによるAI対戦か、トレモでの確認くらいしか行うつもりが無ければ
このような記述が結構役に立つと思います。
もちろんMUGENには色んなキャラや記述がありますので、
これで正確に動かないなんてこともあり得るのでご注意ください。
あとAI起動が遅いことを前提にしてAIを組んでいるキャラとかだと
フライングすることがあったりします(^-^A;)

ちなみに変数を1つ消費しますが、上記の記述を応用すれば
トレモでAIを一切暴発させないようにすることも可能です。
一応変数を消費しないやり方もあるのですがあまりオススメはできません。

【MUGENの最新記事】
posted by リック at 21:30 | Comment(0) | MUGEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]