2013年08月28日

UNKNOWN TREASURE

cap509.png

今回は「UNKNOWN TREASURE」です。ジャンルはRPG。
制作者はやなぎさん(http://ameblo.jp/t-takayanagi/)

ストーリーは人探しの依頼によりクロニアス群島へやってきた
お助け屋稼業の主人公3人が人を探すうちにそこに眠る謎のお宝の存在を知り、
人探しと同時にその宝を探し出そうとするというもの。

cap506.png

戦闘はフロントビューのCTB制。
4つある線択コマンドは方向キーを押すとその方向に動き決定キーで選択できるので
素早い選択が可能という配慮がなされていて良かったです。
攻撃を行うにはGutsというポイントを消費する必要があり、
更に特技はHPも消費する(最大HPが増えるとこちらも増加していく)ため、
ターン毎に自動回復するとはいえ通常攻撃以外は連発が難しいです。
しかし特技は非常に強力なものもありますので有効に使いたいところ。
特技は習得した物のうち4つだけをセットして戦闘で使用できます。

ちなみにこのゲームの武器防具には能力値を補正するものがありません。
ただしそれぞれの武器には全て特殊能力がついており、
たとえば敵の先制攻撃を無効化するもの、属性攻撃・属性防御、全体攻撃などの
効果が付与されるため状況に応じて使い分けることができます。
アイテム欄とは別枠で管理され、1つ手に入れれば登録されていつでも
付け替えできるので煩わしさがありません(ここは実際プレイしないと分かり辛いかも)。

しかし何より目を見張るのはその能力値のスケールの大きさ。
上のスクショでも分かる通りますが、作者さん自身の言う通りインフレゲーです。

cap513.png

攻撃すればご覧のダメージです(スクショは裏ボスクリア後の状態なので
さすがにここまでは通常プレイでは起こりませんが)。
しかし戦闘バランスはかなり考えて作っていると自負する通り、
意外に随所で苦戦したりしてバランス崩壊に至っていないのがすごいところ。
ただし私のように雑魚戦で鍛えるのが好きなプレイヤーは
やはり大味な戦闘になる部分はあるかもしれませんw
それでも途中鍛えればすべてがぬるくなるということは無いと思います。

cap508.png

成長方式はレベルアップではなく、得た経験値をステータスに割り振るというもの。
それぞれの桁ごとに数値を動かせるので操作が便利でした。
しかしインフレゲーなのに素早さは1230を越えて鍛えても
システム上意味が無いというのはちょっと寂しいです。
私は攻撃を中心に防御を上げてHPは割とほったらかしで鍛えていましたが、
途中からさすがに厳しいと悟ってHPもほどほどに上げるようにしました。
ですが、特技のHP消費はHPの最大値に伴って増えていくとはいえ、
HPを上げると少しだけ消費の割合が抑えられるので本当はHP重視でも良いと思います。
更にクリア後のおまけによるとHPによって特技のダメージが
少し上乗せされるとのことなので、思ったよりHPは重要かもですね。

オススメの武器は絶対先制できる武器。
これらをパーティ全員が付けると雑魚戦はかなり楽になると思います
(必ず3人が行動でき、そこからまた自分たちが行動すると相手に攻められにくい)。
更に物語が進んでくると今度は全体攻撃できる武器たちがありますので、
そちらに切り替えると敵が多い時でも安心です。
ただしボス戦前にはそれらはあまり意味が無いので付け替えること。
ボス戦はGutsを回復させるアイテムも使いながら適度に特技を使っていきます。
特にレイリアの回転撃がオススメ。消費が少なく2回攻撃はかなり魅力です。

全体的に言うと戦闘は結構テンポよく進み、雑魚戦で鍛える楽しさもあり、
操作する上での便利さが結構考えられていて良かったです。
ReadMeがhtmlで書いてあって分かりやすいと感じました。
拠点から拠点への移動も便利でしたね。終盤は若干面倒ですがw
武器や防具も使い捨てのものはほとんどなく、使い甲斐がありましたね。
武器防具や特技の隠し要素もコンプリートして満足してます。
ただし制作者さんがゲームパッドを持ってなかったので
キーボード前提の操作がやはりネックでした。
コンフィグも無いのでその辺りはちょっと不満が残ります
(私はJoyAdapterを使って意地でもゲームパッドでプレイしました)。
[※追記 最新版にコンフィグ機能+パッド対応がつきました。
大変失礼いたしました。]

またテンポの良い戦闘と述べましたが、
こちらが先制したり先制されたりするとそのメッセージが消えるまで
操作ができないのでちょっとテンポを悪くしているなと感じました。

ストーリーは意外性があっておおっ?と思いましたねー。
オープニングや一部だけが読めるヒントからまさかあんな風になるとはw
暗い感じが無くて自分の好みには合っていたかなと思います。
敵のクローズアップよりも常に主人公たちだけで世界が回ってたからかもですね。

他に気になった所は、
・ヤーデ神殿入口が微妙に左右対称じゃない。
・宝箱開封後1週間経ったときに主人公たちが回復していない。
・コルト大森林のそれぞれのマップのつなぎ目の道の太さが合わない。
この辺りでしょうか。そこまで重大なことではないですけどねw

posted by リック at 16:08 | Comment(0) | フリーゲーム等レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする