2013年08月20日

Ruin's fate

cap491.png

今回は「Ruin's fate」。ジャンルはRPGです。
制作者は隼人さん(http://www.geocities.jp/hytkrd/index.html)

ストーリーは自分の村を魔物に襲撃された主人公が、その事件の真相を掴むという
魔物襲撃のために生死行方不明となった幼馴染との約束を果たすためにやってきた国で、
そこにあるギルドの一員となって依頼をこなしながら真相に近づいていくというもの。

cap495.png

戦闘はサイドビュー形式のCTB方式。
Turnゲージが最大になると行動することができます。
前衛・中衛・後衛の概念があり、打撃攻撃のダメージに影響します。
陣形も幾つか種類があって、プレイスタイルによって使い分けられます
(全員前衛、前衛2人+後衛2人など)。
何といってもこのゲーム最大の特徴は味方キャラ全員に用意されたドット絵で、
特に打撃攻撃系はキャラのアニメーションが非常に豊富です。
カメラワークも激しいとはいえ非常に臨場感のある戦闘を楽しめます。

cap496.png

更にCTBらしく連携攻撃も可能です(物語途中から)。
基本的に打撃攻撃は常に1つの技(Lv1技)しか出せませんが、
Turnゲージが右上の数値よりも大きいキャラが連携に参加することができ、
連携に参加するキャラのBurstゲージ(Turnゲージの下、攻撃したり
食らったりすると溜まる)が一定以上だとLv2の技を発動させることができます。
Turnゲージが必要以上であれば戦闘に参加できる4キャラ全員の同時連携も可能で、
同じくBurstゲージが更に高ければLv3技も発動可能です。
Lvが上がれば上がるほど技の威力は高く、技のアクションも派手でかっこいいです。
Lv4技も出せるのですが、こちらはストーリーを進めないと開放されません。
しかし発動さえすれば威力は並大抵のものではありません。
なおTurnゲージが最大でない時にも連携に参加するとOverWait状態となり、
再び行動できるようになるまで余計に時間がかかってしまいます
(単純に早めに行動した分遅くなるのではなくTurnゲージ上昇速度に補正がかかる)。

また、魔法攻撃との特殊連携もあり、キャラが既に魔法攻撃準備を行っている時に
打撃攻撃と連携させると技が別のものに変化して強力な攻撃を行えます。
こちらの連携は組み合わせが固定であり、例えば主人公のLv1技と
連携ができるのは雷属性魔法(魔法の下級上級は問わない)です。
また連携攻撃の主体となる打撃攻撃を行う側は男性キャラのみとなっています。

cap497.png
cap498.png

Burstゲージが100%の時は打撃攻撃が強制的にEX技になります。
こちらは連携とは無関係に強力な攻撃を行うことができ、ダメージも別格です。
カットインも表示されてかっこよさもやはり別格です。
連携の上位レベル攻撃はBurstゲージを消費しませんが、
EX技はBurstゲージを全て消費してしまいます。
打撃攻撃が強制的にEX技になるということで温存はあまりできません
(魔法攻撃を使えば温存自体はできますが、魔法が使えない主人公はほぼ無理)。
なので雑魚敵だと勿体ない気もしますがガンガンつかっていきましょう。

雑魚敵もそれなりにタフなので連携やEX技の活用は重要になります。
上述のように連携による上位Lv攻撃はノーリスクなので積極的に使いましょう。
または弱点をついた魔法攻撃で攻めるのも大切です。
ちなみに闇魔法だけやたらと威力が高かった気がしますので、
困ったら闇魔法で攻撃してみても良いかもしれません。

cap499.png

ストーリー概要でも述べた通り主人公はギルドに所属して依頼をこなすのですが、
特徴的なのがシナリオクエストと呼ばれるもので、
依頼を受けて達成することでストーリーが進みます。
基本的にストーリーはこの依頼によって進んでいきます。
依頼は他にもストーリーに関係の無いクエスト、
ストーリーに少し関係しているクエストなどもあります。
基本的にストーリーを進めるだけならシナリオクエストをすぐに達成して構いません。
ちなみにシナリオクエストを受けた場合一緒に出ていた他の依頼は二度と受けられません。

他にもゲームを進めていくうえでやり込み要素を達成すると
もらえる実績というものがたくさんあったり、
その実績によって周回プレイで特典がついたりします。
エンディングは3種類。ノーマルエンド、真エンド、バッドエンドですが、
私は何周もしながらバッドエンドに行けませんでした(^▽^A;)
制作者さんによるとバッドエンドはよほどのことをしないと行けないのだとか。
真エンドの方は明確なヒントがもらえるので頑張れば達成できます。


ストーリーも王道で非常に熱く、戦闘も派手でかっこよく、
やり込み要素もたくさんあって非常に楽しむことができました。
たぶん今回のウディコン作品では最も長くプレイしたゲームだと思います。
バッドエンド+全実績達成が目標ですが果たしてできるでしょうかw
プレイする上での操作性も良く、更新によってゲームパッドにも対応してくれました。
今までプレイした中でも特に戦闘のかっこよさが素晴らしいので、
是非多くの方々にプレイしていただきたいゲームだと思います。

ちなみにお気に入りキャラはミヤ。お姉さんタイプのキャラが好きです。
戦闘では打撃攻撃も魔法攻撃も優秀で立場に恥じない強さを見せてくれます。
特にこのキャラのLv2攻撃が他のLv2とは頭1つくらい威力が抜きんでており、
Lv1攻撃も光属性なのもあって使いやすかったです。
このキャラのせいでもう1人のハイブリッドキャラである
ユリナが下位互換になってしまってましたが・・・w

posted by リック at 19:31 | Comment(0) | フリーゲーム等レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする