2017年03月20日

新キャラ制作_3ゲージ



絵を描くのはほんと大変ですね(`д´)
難産でしたが3ゲージ用のカットインを描き上げられました。
このブログでは詳しく紹介してませんでしたが、このキャラは通常の自己強化、
超必版の自己強化、そしてこの3ゲージの自己強化技を持っています。
当然この3ゲージ版が一番強力で、
効果は攻撃力1.5倍、防御力2倍、打撃飛び道具へのスーパーアーマー、
そして歩きや前ステ等の速度1.5倍、これらすべてが10秒間続くというものです。
まんま魏の練神還虚なんですけどね(´∀`)
同人板ではとにかく強烈な技で、まともに相手すれば死ぬため
これを出されたら相手はまず逃げるしかありません。
自分は制限時間内に相手を追い詰めるというのは苦手なので
意外にこの技で逆転できたということはあまり無いのですけどね(^▽^A;)
強すぎたためかAC版ではちょっと弱体化。
今回のキャラのは同人板の性能に準拠してます。

これでキャラの基本はほぼすべて完成したと言って良いと思います。
あとはキャラボイスの収録です。
それが終われば楽しいAI作成ですね(`・ω・´)

posted by リック at 17:26 | Comment(0) | MUGEN製作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

新キャラ制作_ポトレ・カットイン

cap1341.png

めんどくさがって今まで後回しにしてましたが大ポトレ用の絵を
なんとか描き上げることができました(´∀`;)
アストラの時は3Dをレンダリングしたものをそのまま使ってましたが、
あちらは覆面だからできたことで今回のキャラには使えない手法なんですよね。
ほんとに描き始めようという気持ちに持っていくのが大変でした。
授業中の落書きはすぐやっちゃってたのに(○`3´○)

mugen0.png

1ゲージ技のカットインにも流用することに。
さすがに3ゲージのカットイン用の絵も描かないといけないので、
ここは使い回しさせてください(―_― )

ちなみに上の画像にまだこのブログで紹介してないものが映ってますが、
実はめんどくさがって記事にしてないだけでキャラの技自体は
ほぼすべて出来上がっている状態だったりします。
画像右上の攻守速の表示は自己強化の残り時間ですね。
「JET+魏」というキャラコンセプトの魏の部分です。

あとは3ゲージのカットインですねー。
今回の絵と違って全身絵に近いものにする予定ですので更にめんどくさいですが、
これを乗り越えればかなり完成が近づくので気合を入れます(`・ω・´)

posted by リック at 17:45 | Comment(0) | MUGEN製作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

新キャラ制作_投げ



そこそこ頑張りました(`・ω・´)
このキャラはもともと歩くのがやや速いのと、
後で作る自己強化技で更に速くなるため投げ間合いはやや狭めになっています。
有利フレームが長いので地上投げを決めた後は自己強化技が確定で使えそうです。
空中投げは空中コンボの締めとしても使えます。
地上投げに比べて有利は短いですが、空中投げが決まった直後に
すぐ前ジャンプをして攻撃を行うと3F詐欺になります。
ちなみにこの3F詐欺は技の演出を作ったらちょうどそんな具合になりました(´∀`)
アストラのときは意図的に有利フレームを調整して確定詐欺飛びさせてましたので、
こういう偶然フレーム関係で工夫できると嬉しいです。
前ジャンプ入れっぱでできちゃうので工夫なのかは不明ですが…(^▽^A;)

しかし木人形とアストラは狂カラーで地上投げから追撃できるのですよねー。
今回のキャラの演出では追撃できそうにありません。
このキャラも狂カラーを実装する予定ですので、
そのときはしっかり考えないと狂になかなか届かないなんてことも…?

posted by リック at 20:49 | Comment(0) | MUGEN製作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

新キャラ制作_必殺技その2



地上中段技です。まさしくJETショット。
弱は発生が早いけど当てても微不利。
強は発生がやや遅いけど不利が小さめ。
EXは発生が早い上にノーキャンで追撃可能。
本家ではJETの崩しを支える技で、幾人もの慎重派プレイヤーを骨にしてきました。
本家では弱はこちらと同じく発生が早くまず見えないレベルですが、
それでも追撃は一切できません。追撃できない前提の早さかもです。
こっちはスパキャンもアタックキャンセルもできるため、
それを考えるとちょっと強すぎたかもしれませんね。
必要に応じて弱体化させるかもしれません。

posted by リック at 21:34 | Comment(0) | MUGEN製作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

新キャラ制作_必殺技その1



移動技です。
移動の途中にボタンを入力すると3種類の別の技へ派生できます。
Xだと小パンっぽい攻撃、Yだと2ヒットする攻撃、Zだと浮かせ技です。
まんまJETダッキングなんですが分からない人が多いはずなのでセーフ(^-^)
中パン→移動→投げみたいな連携は意外と見えづらく強力です。
私のJETもほぼこれで勝ってきたようなものです。
小パンっぽい攻撃は他の必殺技へとキャンセルできるので、
最大を狙う時は中パン→移動→X派生→必殺技で締めにすればダメージが伸びます。
結構コマンドが忙しいですけどね(´∀`)
Z派生はEXなら中パンから最速でつながります。
元ネタを知ってる人からすれば結構ヤバい調整かも…?

やっぱり必殺技を作ると一気に個性が出せますね(`・ω・´)
これからどんどん作っていこうと思います。
そしてどんどんJETっぽくしていきます(▼∀▼)

posted by リック at 21:49 | Comment(0) | MUGEN製作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

新キャラ制作_通常技



通常技の制作がだいたい終わりました(`・ω・´)
ここらへんは特別変わった性能をしているわけではないので、
動画は割と普通の感じになっちゃいましたね。
ちなみに動画では収録してませんが、地上通常技はチェーンが可能で、
アストラと違いX→Y→Zとチェーン可能です(アストラはX→Yだけだった)。
細かい性能はまだ調整するかもしれませんが、
とりあえずは次の部分の制作をガンガン進めていきたいですね。

posted by リック at 20:27 | Comment(0) | MUGEN製作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

新キャラ制作中



アストラの制作が一段落したので次のキャラの制作に取り掛かってます。
アストラや木人形と同じシステムを使用しており、
一応コンプゲー的な雰囲気を出したいなーと考えていたり。
さすがにそこまでたくさんのキャラは作れないですけどね。
上記の動画では基本動作のみ収録していますが、
食らいスプライトまでは登録が終わっていて、
次からは楽しい通常技の作成に進むことができる状態ですね(´∀`)

キャラのコンセプトは「魏の呼吸が使えるJET」。
たぶん分からない人が多いと思います(^▽^A;)
自己強化で攻撃力や防御力やスピードを上げることができ、
強力なラッシュで攻めを継続する感じのキャラというところでしょうか。
魏とJETはそれぞれアカツキ電光戦記とヤタガラスのキャラ。
どちらも私の現在の持ちキャラです。
つまり自分の好きなキャラのいいとこ取りをしているわけですね(`・ω・´)

ちなみにやたらスプライトが小さく見えますが、
これでもカンフーマンとだいたい同じくらいです。
キャラ設定的には161cmと小柄ではありますけどね。
このキャラがインドネシア人で、インドネシア人の男性の平均身長が
158cmだというデータを見つけたのでそういう設定したのですが…本当ですかね?

posted by リック at 17:32 | Comment(0) | MUGEN製作関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

世紀末やきう杯!高野レン主催狂下位ランセレバトル パート1



追加キャラでアストラガロス10Pが参戦ですね。
リクエストしてくださった方ありがとうございます(`・ω・´)
強化カラーでの大会出場は初めてでしょうか。
紹介動画では強化カラーの紹介を全く行っていなかったので、
少しずつ強化カラーについても知られていくと良いですね。
確かこの大会には他にも歌うオロチがいたと思いますので、
そちらと共に頑張ってほしいところです。

posted by リック at 18:00 | Comment(0) | MUGEN動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

セルザード(制作:azuさん、AI:Airさん)

cap1331.png

cap1332.png

今回はmugenオリジナルキャラクター、セルザード。設定デフォルト。
天パで金髪で元気そうな女の子。育ての親が獣人系だけど本人はれっきとした人間。

非常に丁寧に描かれたキャラドットがまず目を引きます。
枚数も多く、気合が入っているのがわかりますね。
何より特筆すべきはゲージ技の画面全体を使ったアニメーション。
非常によく動く迫力満点の出来栄えです。
初めて見た時は度肝を抜かれること間違い無し。

「とにかく空中に居ることを前提としたキャラ」と付属テキストにある通り、
地上技はやや使いづらいもので固められている代わりに空中技は豊富で、
空中のみチェーンコンボが可能、そしてなんと全ての必殺技・超必殺技が空中専用、
というなかなか個性的な性能をしています。
たぶん翼を持った種族に囲まれて育ったからなんでしょう。
ただし地上技もエリアル始動技がちゃんとありますし、
投げのリターンが高く、機動力は地上空中共に高いと言えます。
コンボ火力もなかなか高く、ゲージを絡めれば一発逆転も夢ではありません。
雷撃蹴が中段でそこからフルコン可能と結構ヤバイ。
ただし対となる下段のリターンが悲しいので立ってればOKではあるのですけどね。
高い機動力と雷撃蹴と投げを軸にして戦っていくキャラだと思います。

AIも雷撃蹴を攻めの主軸に置いていて、もはや立派なダイブキッカー。
AIならではの高速低空雷撃蹴はまず人間では見えません。
当たればフルコン、ガードされたら当て投げと強さを十二分に押し付けてきます。
機動力が高いので遠距離で攻撃をスカしたら雷撃を食らってしまうほど。
安易な牽制は死につながります。
若干コンボが安定していないのかゲージ技を外す場面が時々見られました。
それでもそこそこ火力はある方だと思います。

とにかく牽制技を振ったら雷撃を食らうのでしばらくは
どう戦えばいいのか分からずかなりやられてしまいました。
下段は無いので立っていれば中段で崩されることはありませんが、
当て投げもありますし相手の速度は早くてとらえられません。
しかしこちらから空対空をしかけていって攻撃を置いておけば
食らってくれることがわかったので、
そこからコンボをしていけばなんとかなりました。
ガードもあまり重視しないAIなので起き攻めも有効だと思います。
もちろん起き攻めのタイミングを間違えると逆に反撃にあうので、
あまり無理はしない方が良いかもしれませんけどね。
最後は綺麗に空投げを決めて勝利。
実はこっちが何もしなければあまり雷撃してこないので空投げは結構有効かもです。

AI戦での強さはだいたい強中位くらいでしょうか。
ただしかなり相性が出るAIだと思いますので、
相手によっては上位とも渡り合えるでしょう。
逆に牽制技を自分から振らないAI相手だと攻め手に欠くことも。
比較的最近公開されたキャラですが、よく作り込まれているキャラなので
これから出番が増えそうな気がしています。

posted by リック at 17:00 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

御曉切奈(制作:ソルトさん、AI:カサイさん)

cap1329.png

cap1330.png

mugenオリジナルキャラクター、御曉切奈(ごぎょう せつな)です。
身体年齢12歳の白ニーソが似合うロリ。精神年齢はもっと上らしい。
普段の動きではスカートがやや長めなのでパンストっぽくも見えるけど
一部やられ等でちゃんとニーソなのが確認できます。

非常に愛に溢れたキャラで、複数のカットインがあるばかりか
ひとつのカットインは画面いっぱいのアニメーションまであるという気合の入れよう。
特殊やられも幾つか搭載されています。
ちなみに大ポトレが複数用意されていてそのうちひとつはエヌアイン風(?)。

剣みたいな武器(刀らしい、片手刀は結構珍しいかも)を持っているとはいえ
身体がロリなのでリーチが心もとなく、火力もやや控えめ、
技のキャンセルルートが結構厳密でやや自由度が低い、
しかし技の数はかなり豊富でどの距離でもとりあえず使えるものがある、
などなど作者テキストにもある通りの器用なキャラクター。
この中でもキャンセルルートの厳密さがなかなか厄介なところで、
普通に操作しているとコンボすること自体が結構難しく、
更にキャンセルできたところで実は確定ではつながらないということもあったり、
通常技も独特な技が多いので慣れるまでは戦いにくい感じがしますね。
ゲージ技もなかなか使い所を見極めるのが難しそうです。

AIは基本的にガン攻め思考で、ダッシュで近づいてY連撃で固めながら攻めてきます。
やはりコンボはそこまで強くなく、1コンボだいたい200ダメージ弱くらい。
時々低空中段攻撃もしてきて嫌らしいのですがつながる技がなくてちょっとさみしい。
コンボ後に起き攻めタメガー不はなかなか厄介。
火力が出るのは投げで、そこから1ゲージ技でなかなかのダメージを受けます。
そこそこ投げを使うことも多いのでこのキャラの強みと言えそうですね。

リーチが短いとはいえダッシュですぐ距離を詰められるので、
こちらが戦う時はなかなか牽制技を振ることができず、固められることが多かったです。
下手に暴れなければそんなに怖くないですが意外に反撃は難しく、
余計なことをして無駄にダメージを受けてしまうことも多かったです。
ガン攻め思考を利用してやや離れた所で小パンを置いておくと引っかかってくれたり、
垂直ジャンプで様子見してると相手の攻撃が空振ってこちらの攻撃が通ったりするので、
そこからうまくダウンをとって起き攻めすれば
やはり暴れが多めのAIなので攻めを継続させられます。
投げはかなり痛いのでそこは警戒が必要ですね。

AI戦での強さは強にはもうちょっと届かないくらいという感じでしょうか。
現在リメイクの途中らしく、性能が結構変わるようです(たぶん)。
今よりも更に愛に溢れたキャラになりそうですね。

posted by リック at 13:22 | Comment(0) | プレイヤー操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする